Technology

Analysis

解析技術と製造技術を組み合わせて使用目的に合った最適な製品をご提案します。

数値解析

送電線は常に過酷な自然環境に晒されており、強風や着氷雪、地震などにより送電線に特異的な現象が発生します。
TDMではこのような自然現象に対し送電線がどのように動くか、古くからコンピュータを用いて解析を行い、送電線の安定運用に貢献してきました。
過去に例の無い事象であっても、これまでに蓄積された知見と実規模試験による検証によって、シミュレーションを行うことができます。

 

<数値解析の事例>

  • 主に地震による送電線の振動をシミュレーション
  • 強風により生じる送電線の変化をシミュレーション
  • 積雪が落ちるときに送電線が跳ね上がる動きのシミュレーション

形状最適化解析

形状最適化解析は、FEM(Finite Element Method/有限要素法)解析を用いて最適な設計改良案を導き出す解析手法です。
TDMでは、形状最適化解析と実体試験結果を比較照合することによって解析の精度を向上してきました。
さらに、モノづくりを熟知した技術者が解析を行うので、量産性まで考慮した形状最適化が行えることが特徴です。
※有限要素法:物体を複数の要素に分割して解析を行う方法