About Us

History

1916 大正5
静岡県(現:菊川市)にて旭鋳物工場を創業、製茶機械用鋳造品の生産を開始。
1938 昭和13 8
旭鋳物工場を改組し、旭可鍛鉄株式会社を設立。
1950 昭和25 1
日本ガイシ(株)様による資本参加と共に、がいし用金具と架線金具の製造に注力し、資本増加、設備の合理化と拡張を行う。
1959 昭和34
500kV送電線用がいし装置の開発研究に着手し、1965年(昭和40年)に東京電力(株)様の房総線はじめ各電力会社様へ納入開始。
1961 昭和36 11
愛知県豊川市に豊川工場竣工。
1963 昭和38 12
国内初の国産アルミ配電線用金具の製造販売を開始。
1968 昭和43 3
宮城県仙台市の旭可鍛鉄製品東北販売(株)と代理店契約を締結。
1980 昭和55 12
東証2部に株式上場。
1984 昭和59
旭可鍛鉄製品東北販売(株)を子会社化。
1987 昭和62 10
子会社の旭可鍛鉄製品東北販売(株)の社名を旭可鍛鉄東北販売(株)に変更。
1989 平成 11
旭テック(株)に社名を変更。
子会社の旭可鍛鉄東北販売(株)の社名を旭テック東北販売(株)に変更。
1990 平成2
名証1部・東証1部に指定替え。
2006 平成18
各種大型試験設備を使用した受託試験業務を開始。
2010 平成22 12
旭テック(株)電力機器事業を承継し、旭テックTDM(株)を設立。
2011 平成23 4
旭テックTDM(株)として業務開始。
2014 平成26 8
旭テックTDM(株)の事業を承継し、TDM(株)として業務開始。
2019 平成31 12
愛知県豊橋市の鍛造業(株)豊田鉄工を子会社化。
2021 令和3 2
城東テクノ(株)の資本参加を受け、100%子会社となる。
2022 令和4 1
大阪営業所を開設。